×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


萬福寺の山門と扁額

■所在地 :大田区南馬込1−49−1 万福寺
■交  通 :都営地下鉄浅草線 西馬込駅より徒歩10分
        京浜東北線 大森駅西口より東急バスで20分 4番乗場(萬福寺経由・荏原町行き)万福寺前下車、徒歩5分



    萬福寺の山門と扁額

 四脚門、切妻造り、茅葺屋根、総欅造り。
 昭和四十年(1965)の修復時に屋根の棟飾は銅板に直された。
 扁額は縦68センチ、横158センチ。「慈眼山 勅賜永平卍海書」と書かれている。
 博容卍海(はくようまんかい)は、永平寺五十四世、文政四年(1821)七月八日示寂。従ってこの山門は、扁額からみて文政年間以前に建造されたものと思われる。



    
一覧へ 戻る 次へ