×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


新東京八名勝の記念碑

■所在地 :大田区池上1−1−1 池上本門寺
■交  通 :東急池上線 池上駅より徒歩10分  都営浅草線 西馬込駅より徒歩13分
        JR京浜東北線 大森駅西口より東急バス池上方面行で15分 本門寺前バス停下車、徒歩5分



    新東京八名勝の記念碑

 総高168センチ、幅92センチ。
 昭和七年(1932)十一月一日、東京市は隣接五群八十二か町村の編入によって、これまでの十五区から三十五区になった。
 新市域の八名勝を選ぶ計画は、報知新聞社によって東京市拡張を記念する目的と、同社の新聞発行二万号記念とを兼ねて行ったものである。
 この選定は、同年八月より九月の一ヶ月にわたり、広く市民から募集し、投票によって決められた。
 池上本門寺は、755,614票で第一位となった。
 ちなみに入選した八名勝は、池上本門寺・西新井大師・北品川天王寺・日暮里諏訪神社・赤塚松月院・目黒祐天寺・洗足池・亀戸天神である。

 ■第七位となった洗足池の記念碑
一覧へ 戻る 次へ