×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


勝海舟別邸跡

■所在地 :大田区千束2−3
■交  通 :東急池上線 洗足池駅より徒歩5分





       別邸(洗足軒)と勝海舟

    勝海舟別邸跡

 勝海舟(1823〜99)の別邸は戦後まもなく焼失しましたが、茅葺きの農家風の建物でした。
 鳥羽・伏見の戦い(1868)で幕府軍が敗れると、徳川慶喜より幕府側の代表として任じられた海舟は、官軍の参謀西郷隆盛(南洲)と会見するため、官軍の本陣が置かれた池上本門寺に赴きました。
 その会見により江戸城は平和的に開けわたされ、江戸の町は戦禍を免れたのです。海舟は江戸庶民の大恩人と言えるでしょう。
 その際、通り掛かった洗足池の深山の趣のある自然に感嘆し、池畔の茶屋で休息したことが縁となり、農学者津田仙(津田塾大学創始者、梅子の父)の仲立ちで土地を求めました。明治二十四年(1891)自ら洗足軒と名付けた別邸を建築し次のような歌を詠んでいます。

   池のもに 月影清き今宵しも
            うき世の塵の跡だにもなし

 晩年海舟は晴耕雨読の生活の中で、かえで、さくら、松、秋の草々などを移し植え次のようにも詠んでいます。

   うゑをかば よしや人こそ訪はずとも
            秋はにしきを織りいだすらむ

 明治三十二年(1899年)七十七歳で没しましたが、『富士を見ながら土に入りたい』との思いから、生前より別邸背後の丘に墓所を造りました。
 石塔の『海舟』の文字は徳川慶喜の筆と伝えられています。当初は海舟一人の墓所でしたが、後に妻たみも合祀され、大田区の史跡に指定されています。
              平成十一年三月
                  勝海舟没後百年を記念して
                  社団法人 洗足風致協会

       ※出典〔社団法人 洗足風致協会設置の標識板より〕

一覧へ 戻る 次へ