×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


天水桶

■所在地 :大田区本羽田3−9−12 羽田神社
■交  通 :京浜急行空港線 大鳥居駅より徒歩8分



    天水桶

 総高七十八センチ、直径九十二センチ。
 明治七年(1874)、羽田横町(現在の羽田三丁目の横町町会の区域)の人々十八名が羽田神社(当時は八雲神社)に寄進したものである。
 鋳物師は東京深川の釜屋七衛門。
 鉄製天水桶は江戸時代以後、各所の社寺に奉納されていたが、太平洋戦争中の金属供出や、雨ざらしによる腐食などによって、今日その数は極めて少なくなっている中で、保存状態の良好な天水桶である。
一覧へ 戻る 次へ