×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


仁王尊像

■所在地 :大田区池上1−1−1 本門寺
■交  通 :東急池上線 池上駅より徒歩10分  都営浅草線 西馬込駅より徒歩13分
        JR京浜東北線 大森駅西口より東急バス池上方面行で15分 本門寺前バス停下車、徒歩5分



              本殿

    仁王尊像

 本殿に祀られている仁王尊像(総高 3m60cm 木彫)は、彫刻家の圓鍔勝三氏の作で、元プロレスラーのアントニオ猪木氏の体型をモデルに制作したそうです。元は仁王門に祀られていたが修復を期に本殿に移された。
 昭和二十年(1945)四月十五日の空襲で焼失した釈迦堂を再建したのが本殿である。昭和四十四年(1969)に再建され、現代的な鉄筋コンクリート造りの仏堂建築として評価が高い。
 鉄筋コンクリート造り、寄棟造裳階付、本瓦葺
 間口25,2m、奥行50,4m、棟高14,4m

 

           「吽形」うんぎょう
    
               「阿形」あぎょう
                                    

            仁王門(三門)
 
 昭和二十年(1945)四月十五日の空襲で三門・仁王尊像共に焼失し、現在の三門は昭和五十二年(1977)に再建。

 仁王尊は同五十四(1979)年に新造。
 総高 4m50cm 桧木材寄木造

            「吽形」うんぎょう
    
                「阿形」あぎょう
一覧へ 戻る 次へ