×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


妙福寺祖師堂(旧七面大明神堂)

■所在地 :大田区南千束2−2−7
■交  通 :東急池上線 洗足池駅より徒歩5分


   〈登録有形文化財 建造物〉  平成14年6月25日登録 
    妙福寺祖師堂(旧七面大明神堂)

 構造・形式 :木造平屋建、切妻造瓦葺
 規   模  :建築面積53u
 建築年代  :天保4年(1833)

 妙福寺は、洗足池の東池畔に位置し、寺伝によれば、日蓮聖人が池畔の松に袈裟を掛けて、手足を洗い休憩した地を霊場として、御松庵として開創されたという。昭和二年(1927)に浅草にあった妙福寺と合併し、今日に至っている。
 このお堂は、天保四年(1833)に、七面大明神堂として再建されたが、後年、現位置に移築し、現在は祖師堂として使用されている。
 張り出した部分は、昭和になって増築した部分だが、他の部分は内外共に改造跡は見られず、江戸後期の寺院建築様式を伝える遺構として貴重である。
 また、洗足池周辺の歴史的景観として、境内とともに保存すべきものである。

    
一覧へ 戻る 次へ