×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


六郷神社の子ども流鏑馬

■所在地 :大田区東六郷3−10−18 六郷神社
■交  通 :京急本線 雑色駅か六郷土手駅より徒歩10分 



   ↑拝殿に向かって左手境内に設けられた的場
 〈東京都指定 無形民俗文化財〉  昭和38年3月19日指定
    六郷神社の子ども流鏑馬

 六郷神社の子ども流鏑馬は、小笠原流の流鏑馬射手装束に身を包んだ十二歳以下の男児により、「八方白眼(はっぽうにらみ)」という四対の目と眉が描かれた的を射り、男の児の健やかな成長・開運・出世を祈願するユニークな行事で、毎年一月七日に行われる。昭和三十八年(1963)、東京都の無形民俗文化財に指定されている。

 平成十年から木馬にまたがり、目の描かれた4角形の杉板の的に、重籐の弓で小さな鏑矢を射る様式になった。従来の歩射の様式も残っているが大きく様変わりした。
    
        ↑介添人と神妙顔つきで的に向かう射士
  

 ↑大的「八方白眼(はっぽうにらみ)」上から順に内、上、
外、下をにらみ、上2対はつり上げ眉、下2対は下がり眉
である。手前に立っている目が描かれている板が、木馬
にまたがって射る的です。
    
 ↑1・2番の射士は「山越し」といって、二人の矢を交差させ、大的上を越して高く射る。(射る順番は抽選によって決められる)
 3・4番が同じように矢を交差させて1の目玉を射る。以下も10番まで2人1組で同じように2〜4の八つの目玉を全部射る。ここまでは歩射の形で行われる。
 後は、また1番より木馬にまたがり、大的の前に据えた目が描かれた的板をねらって矢を射る。(すべて役員の介添えで矢が射られる)

    ↑木馬に乗って的の前まで移動する 
    
          ↑大的の前に据えた的板に矢を放す