×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


庚申供養塔

■所在地 :大田区大森北3−5−4 密厳院
■交  通 :京浜急行本線 大森海岸駅より徒歩5分   JR京浜東北線 大森駅東口より徒歩15分


 〈大田区指定 有形民俗文化財〉  昭和49年2月2日指定
    庚申供養塔

 石造舟型で、阿弥陀如来像を彫った庚申供養塔としては、時代的に古いものに属し、造型的にもすぐれたものである。
 大きな光背には庚申供養塔のためにつくられた趣意と、その造立年月が記されている。
 この塔は寛文二年(1662)のもので、庚申塔としては本区では二番目に古い。
 また、本塔のように法界定印を結ぶ弥陀の坐像を彫った庚申供養塔は、全国的にも稀といえよう。

           ※出典〔大田区教育委員会設置の標識板より〕
 
一覧へ 戻る 次へ