×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


山崎家住宅主屋

■所在地 :大田区西嶺町33−9
■交  通 :東急多摩川線 沼部駅より徒歩7分


     〈登録有形文化財 建造物〉  平成18年8月3日登録 
    山崎家住宅主屋

 構造・形式 :木造平屋建、茅葺
 規    模  :建築面積 115u
 建築年代  :明治10年(1877)頃

 「敷地ほぼ中央に建ち,桁行7間半,梁間4間半の規模で,木造平屋建,寄棟造,茅葺とし,四周に瓦葺の下屋を廻す。西側は整形四間取の床上部とし,床の間,仏壇の裏を納戸とする古い形式とする。農家主屋として建てられた当初の外観を良く残す。」

    ※出典〔文化庁HP、国指定文化財データーベースより引用〕



一覧へ 戻る 以上