×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


総門と扁額

■所在地 :大田区池上1−1−1 池上本門寺
■交  通 :東急池上線 池上駅より徒歩10分  都営浅草線 西馬込駅より徒歩13分
        JR京浜東北線 大森駅西口より東急バス池上方面行で15分 本門寺前バス停下車、徒歩5分



 〈大田区指定 有形文化財〉  昭和49年2月2日指定
    総門と扁額
         
 総門は、本門寺山内に現存する古い建築物の一つである。広重の「江戸百景」などにも描かれ著名。建造年代は、元禄年間(1688〜1703)といわれ、高さ6.4メートル、主柱間5.39メートルあり、総欅素木造りで、簡素、かつ壮大な構えをしている。
 
 扁額の文字は本阿弥光悦(1558〜1637)の書を彫刻じたものである。
 額は複製され、実物は寺宝として寺内に保管されている。名筆化である光悦の、堂々たる書風を示す屈指の作品である。


           ※出典〔大田区教育委員会設置の標識板より〕


 総門に掲げられている扁額は複製ですが、実物は霊宝殿に収蔵され常設展示されています
一覧へ 次へ